断虫亭日乗

過ぎ去る日々の思い出をつづるだけ

3つの展示

6月一杯は3つの展示の準備に忙殺された。 1つめは、国立科学博物館の特別展「昆虫」で、監修者として5つのコーナーを担当した。 美しい昆虫 すごい形の昆虫 Gの部屋 好蟻性・好白蟻性昆虫 マダガスカル調査 www.konchuten.jp ーーー 次に志摩歴史資料館で毎…

ダサイとカッコ悪い

某テレビ番組の密着取材を受けたとき、私が何でも言えるようにと、毎晩宴会が開かれた。私は警戒しつつ、まずは相手のことを知ろうと、遠慮なく質問する。そして私も、酒の酔いも手伝って、自分のことを話さざるをえなくなる。結局、カメラマンのSさんとディ…

学名の命名権とイベント企画

今年の夏、国立科学博物館で、初の昆虫展が行われる。意外かもしれないが、初である。展示の題は、そのまま『昆虫』。どういう経緯で決まったのかは聞いていないし、なんのヒネリもないように思えるかもしれないが、「昆虫のすべてをみせてやろう」「うちが…

忙しいとバカになる

ここ数カ月、本当に忙しい。「忙しいという字は心を亡くす」とはありきたりの言い方だが、事実としては言い当てている。毎日慌ただしく仕事を片付ける。頭を使う場面もあるが、多くは創造性と無縁である。経験上、こういった忙しさが続くと、なにも思いつか…

秘密の暴力装置

殺したいだとか、死にたいだとか、負の意思を持った時点で、実行したも同じだという宗教的な考えがある。そういう考えには、「意思を実行するか否かは些細な差である」という前提がある。しかし、「実行するとしないでは天と地の差だ」という考え方もあり、…

ネコの魅力

ネコは人気の動物だ。なんてことはわざわざ書く必要もあるまい。なんでネコがかわいいのか考えてみると、あの真顔がいいのだと思う。イヌよりも顔に喜怒哀楽が少なく、基本的に真顔をしている。真顔でドジをしたり、びっくりするくらいに自分勝手にふるまう…

中毒

駅から家に向かう途中にコンビニがあって、帰りに意味もなく立ち寄ってしまう自分に困っている。そして意味もなくお菓子を買って、意味もなく夜中に食べて、意味なく太ってきている。このように、コンビニに立ち寄って何かを意味もなく買ってしまうのは、人…

うなぎ文

5月12日から20日まで、タイに行ってきた。学生の調査に同行するためである。4月から修士課程に新しく入った今田君と井上君の2人は初めての海外調査で、戸惑いつつも楽しい旅行となったようだ。昆虫研究の醍醐味は昆虫採集で、とくに海外での採集はワクワクす…

ひとの間

福岡に住んで10年が経つが、この街をとても気に入っている。食べ物、人柄、気候、たくさんある。しかし、気に入っているだけにこうやって良い部分をあげてもキリがないので、あえて嫌な点をあげてみる。それは地下鉄の乗り方である。かなり混んだ車内であっ…

CombineZPとZereneの比較(メモ)

ここ数カ月は展示や本の関係で昆虫体表面の微細構造の撮影に凝りに凝った。そこで重要になるのが深度合成のソフトである。 これまでCombineZPを使っていたが、Zerene Stackerが高評とのことで、導入してみた。Zerene Stackerは毛の重なりが上手く合成できる…

近況3 花粉症

昨年の春、42歳になって初めて花粉症になった。実はその前から兆候が少しあったのだが、そうではないと自分を信じ込ませていた。しかし昨年から自分を誤魔化すことに限界を感じ始め、いよいよ耳鼻科で診断を受けることとなってしまった。 そして今年は去年よ…

近況2 FEELCYCLE

三日坊主になるとみっともないので、あまりネット上では秘密にしていたが、昨年の2月から「FEELCYCLE」というジムのようなものに通っている。 www.feelcycle.com 50台くらいの自転車(ジム用のバイク)がある会場で、前方にインストラクターの方が乗ったバイ…

近況1 本の予定など

マダガスカルからの帰国後は何かと忙しく、あっという間に4月が近づいてきてしまった。 アルティアムの展示は大成功で、10660名もの来場者があったそうだ。(私の立場としては)当館の宣伝になったのも良かったが、昆虫に普段興味がない人が、昆虫の美しさに…

ラヌマファナ国立公園

1月27日に日本を経ち、28日の晩にマダガスカルのアンタナナリボに到着した。翌29日は政府機関、大学をまわり、許可手続きを進め、30日に車で10時間かけてラヌマファナ国立公園に到着した。ここには2月4日の朝まで滞在。実質4日間の調査だが、山道がとても厳…

展示開幕

天神イムズのアルティアムでの展示「密やかな部屋 きらめく昆虫標本」が始まった。 昨年の春、夏の展示の会場探しのついでに担当の方に挨拶をしたのがきっかけで、たまたま今回の会期に開場が空いていたことから、この展示の開催が決定した。 これまで10回以…

ガガイモ

秋口に咲いたいろいろなガガイモ

畑の最近

夏の忙しさで放置していた畑だが、雑草を除去し、かなりきれいになって、いろいろと植えて埋まってきた。 全景 A列 先週(11月4日)にタマネギを植えた。農協から安く買ったもので、かなり太くて立派であるが、逆に薹立ちしないか心配だ。 ハーブとサトイモ …

フランス領ギアナ

10月15日~25日、ふたたびフレンチギアナに行ってきた。今回は某展示関係の出張だったが、いろいろと写真が撮れてよかった。目的はとくになかったが、楽しい虫がたくさん採れた。ツノゼミも新顔がいくつか。

ガガイモの花

忙しくてもこの世話が楽しみだった。毎晩、ヘッドライトをつけての世話。 Orbea sp. Huernia whitesloaneana Orbea decaisneana Huernia x macrocarpa Caralluma adscendens var. fimbriata Huernia zebrina subsp. insigniflora Huernia hystrix Huernia as…

展示終了 生存報告

ケニアから帰ってから、ちょっと体調を崩した。この春も崩したし、年齢なんだろう。 そして元気になったと思ったら、7月末に公開展示の予算が無事について、それからその展示が8月15日に始まり、31日に無事終了するまではまさに怒涛の毎日だった。 おかげさ…

新刊! 『昆虫こわい』

もうすぐ(7/28)新刊が出ます!アフリカ、南米、東南アジア...世界各地でおこなった昆虫調査の笑いと涙の旅行記です。写真満載のオールカラーです(お買い得)。 この夏の一冊に、よろしくお願いします!早めのご予約を! 以下、内容紹介 「体長わずか数ミ…

畑近況

A列 奥から、ラディッシュを抜いたあと。つるありインゲン。 ハーブ類。サトイモ。 オクラ。モロヘイヤ。 トマト。ひどくウリハムシにやられたズッキーニ。 ひどくニジュヤホシテントウにやられたナス。キュウリ。 アンティチョーク。カボチャ。 ーーー B…

エツ・甲虫のはなし

先々週の土曜のことになるが、大川市の「三川屋」へエツ料理を食べにでかけた。エツとは有明海固有の魚で、新鮮なものはとてもおいしかった。ただし骨切りが必須なので、家庭向けの魚ではなさそうだ。 ーーー 監修をした本が出た。『甲虫のはなし』

コトバ

集英社の『kotoba コトバ』のファーブル特集に「ファーブルと多様性」を書きました。ファーブルと多様性は一見対極にあるが、実は...という話。短いけど書くのにてこずりました。

ばたばた

今年の夏に大きな展示を担当することになり、その準備が進んでいる。また、連動企画として本を出すことになり、この数週間はその執筆に忙殺されていた。その本とは旅行記(幻冬舎新書)で、かなり面白いものができた。気がする。 最近、前野ウルド浩太郎さん…

井原山・雷山

5月13日には井原山~雷山に行ってきた。コバノミツバツツジが目当てだったのだが、満開のはずが、前日の大雨でほとんどの花が落ちてしまっていた。しかし、新色のブナ林や尾根道はとても気持ちの良いものだった。

貫山

ゴールデンウィークは1日だけ遠くへ。北九州市の平尾台にある貫山である。平尾台は想像以上に絶景だった。ゴールデンウィークなのに人があまりいなかったのも良かった。また、季節外れのオキナグサを見られたのは幸運だった。

ワカメとタケノコ

4月から川原さんという高校の先生が1年間研修に来ることになり、海岸性甲虫の調査をお願いしようかと思っている。 協力研究員の城戸さんが県内の海岸にお詳しいので、金曜日は、助手の松本さんの運転で津屋崎や福津のほうへ採集に出かけた。 季節が良く、首…

図書館で展示

www.lib.kyushu-u.ac.jp 図書館に哺乳類の展示を設営してきた。何年か前にいろんな人の協力で苦労して集めたもので、死んではいるが、自分のペットのように大事にしているものである。 大事なので早めに撤収の予定。読み応えがありそうな解説をたくさん書い…

菜園なう

週末は原稿書きに追われつつも、日曜は家庭菜園に出かけた。新タマネギの季節で、たくさん採れ始めた。 タマネギ ジャガイモや何かの鳥に1/3がほじくり返されてしまった。 ナスを植えた。 ニンジンは山ほどとれる。 レタスは買うと高い。