読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断虫亭日乗

過ぎ去る日々の思い出をつづるだけ

昨晩は寝室でカブトムシ1つがいとマイマイカブリ1匹が逃走し、2時にマイマイカブリに起こされ、3時にカブトムシの雌がカーテンレールを歩く音で起こされ、4時にカブトムシの雄が枕元に歩いてきて、ほとんど眠れなかった。今日は昆虫採集教室だったのだが、眠くてたまらないまま本領を発揮できず、ほとんど虫が採れなかった。本領を発揮しても採れなかったかもしれないけど。


志摩歴史資料館に集合し、最初に自己紹介。

集合した子供たち。

バスを降りて森へ。

虫を探しにいくぞ。

カブトムシいないな。「カナブン嫌い」と残念がる子供続出。

資料館に戻り、標本作成開始。結局、大多数の子はカナブンで作成。でも、入門には最適。

一所懸命作ってます。この女の子は、有本君が採集したマイマイカブリを喜んで引き取った。ほかの男の子は気持ち悪いと大騒ぎしていた。

同上。

教室終了。やったね!
―――
現在、志摩歴史資料館では「アリの巣の生きもの」展も巡回展示中。



アリマシーンに入ったクロヤマアリも豪華に展示中。

―――
近くの「雛游庵」というところでお昼。とてもおいしかった。また行きたい。
http://su-yu-an.jp/

‐‐‐
夕方、鹿児島大の河野君が来るので、大学に戻る。1時間ほど研究相談した。