読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断虫亭日乗

過ぎ去る日々の思い出をつづるだけ

今日は長野菊次郎さんのお孫さんご一行がお見えになり、あちこちご案内した。生前に江崎先生と交流があり、亡くなった際には江崎先生が昆虫標本の遺品整理にあたられたそうで、農学部の標本室をご案内したらとても喜んでくださった。

理学部地球惑星科学の学生さんにも標本作製と整理に来てもらっている。
今年は猛烈に標本の整理を進める予定。ここ数年はデータベースに力を入れ過ぎて、標本そのものの整理がおろそかになっていた。最初に整理ができていないと、結局、データベース化した標本の扱いも面倒になる。元校長先生の城戸さんには佐々治先生の標本を徹底的に整理していただいており、随分とわかりやすくなった。