読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断虫亭日乗

過ぎ去る日々の思い出をつづるだけ

裏山の奇人 野にたゆたう博物学

相棒の小松君が本を出すことになった。私の「アリの巣をめぐる冒険」と同じ「フィールドの生物学」。これは話題必至。だいたい、こんな題名があっていいのだろうか。出たらまた報告します。

【書 名】フィールドの生物学14   裏山の奇人 野にたゆたう博物学
【著 者】小松 貴(九州大学熱帯農学研究センター)
【体 裁】B6判 288頁  並製
【定 価】2160円(税込)
【著者割引】1728円(税込)
 ・尚、送料は400円 (5冊以上は送料小会負担です)
【発 行】東海大学出版部 http://www.press.tokai.ac.jp
【発売日】2013年7月30日・発送は7月30日以降になります
【ISBN】ISBN978-4-486-01994-7


【内 容・目次】

生き物に魅せられた怪しい男が、近所の裏山から地球の裏側までを徘徊する。名もなき博物学者の「怪」進撃

はじめに
第1章 奇人大地に立つ/幼年期/義務教育課程以後
第2章 あの裏山で待っている/小松友人帳/アリヅカコオロギの謎
第3章 ジャングルクルセイダーズ/東南アジアを征服せよ/命に関わる話/南米を征服せよ
第4章 裏山への回帰/ポスドク迷走/進撃の奇人/神秘の欠片を集める旅
第5章 極東より深愛を込めて/かならずペルーに勝ちに征く/熊楠になりたい
あとがき
引用文献