読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断虫亭日乗

過ぎ去る日々の思い出をつづるだけ

採集用具でもう一つ大事なのが「片手鍬」である。朽ち木を割ったり、土を掘ったり、とにかく用途が広い。アリ屋さんでは根掘りを使う人が多いし、それはそれで使い道があるのかもしれないが、私は甲虫の延長なので、アリにも「片手鍬」を使う。最近は都立大の江口さんも愛用しているそうだし、アリ屋さんにも万能に違いないと思っている。
これも良いものがなかなか簡単に手に入らない。ネットを通じていろいろ購入したが、お気に入りは以下の「ホウネンミヤワキ」の「豊稔 片手細幅鍬」(F-13)。
http://www.hounen.co.jp/kuwa.htm

ーーー
それと、「ふるい」。全国のアリ屋さんに普及しているのが、「Three Snow」の「ピシャット角深ザル 網目/6.5メッシュ 15枚取り用 31008」である。これが白いバット「SS万能バット」にぴったり収まるし、網目の大きさがちょうどよい。山根さんが使っているのをみて、使い始めた。持ち運びやすいし、大きさもほどよい。好蟻性昆虫にはちょうどいい。大量の落ち葉をふるうのには向いていないが、実習等、気軽な土壌昆虫の採集全般にも有用だと思う。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hikari-chyubo/b-122-1.html