読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断虫亭日乗

過ぎ去る日々の思い出をつづるだけ

吉富さん

昨日今日と愛媛大から吉富さんがお見えになっていた。
お願いした仕事の後、昨晩は飲み会。1次会にいろいろな相談や書けないような話しをして、2次会は学生4人と合流して楽しんだ。
今日は標本を一通り見ていかれた。ヒラタムシ上科(佐々治先生の標本)やゴミムシダマシ上科(中條先生の標本)が高品質で充実しているのに、誰も研究しないのはもったいないとのこと。たしかにそのとおりだと思った。両分類群とも種数が多く、非常に多様性が高いにもかかわらず、現在全体を把握している若手がまったくいない。第二の佐々治先生が必要。
 
f:id:dantyutei:20150224131808j:plain
f:id:dantyutei:20150224131833j:plain