読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断虫亭日乗

過ぎ去る日々の思い出をつづるだけ

思いがけず実験の日々

年度末なのでいろいろとやることが多い。締め切りも山積している。そこで、今月はできるだけ出張をいれず、自分の仕事をやろうと心に決めた。しかし最近になって、某君が学会に向けて実験を始めるというので、集中的に実験指導を始めることになってしまった。最初は、「こっちにも予定はある。間に合わないなら勝手にしろ」と切り捨てようと思っていたのだが、その発表は共著でもあるし、しきりに反省する本人の顔を見て仕方ないと重い腰をあげた。実験のほうは奇跡的に順調で、ほとんど経験がないにもかかわらず、手先が器用で失敗が少ない。これで失敗続きだたら「ほら、やっぱり間に合わないよ。やめよう」という選択肢もあったのだが、幸か不幸か最後までやることになりそうだ。

最近は毎日のように星野君が来て標本を作ってくれている。個人的なアルバイトである。

f:id:dantyutei:20160306003551j:plain