読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断虫亭日乗

過ぎ去る日々の思い出をつづるだけ

はじめての睡眠障害と自戒

件の大論文が完成してから、「12年も頑張ったから、しばらく休んでいいや」と無気力になってしまい、このところ研究に対するやる気が今一つであった。おまけにフランス領ギアナから帰国後に睡眠障害になってしまい、病院で薬をもらっていたのになかなかよくならず、それも原因の一つになっていた(後述)。

最近、山に行くようになったり、運動するようになったり、新しい人間関係ができたりで、私生活に良い変化が多くなり、ついでに睡眠障害も完治し、精神的に上向いてきた。教え子の山本君と有本君が無事に学位を取って卒業し、それがとても安心したということもある。4月からは茶坊主君が博士課程に来るので、それも楽しみである。

研究面では、英語の本(ハネカクシの総説集)の一章を受け持つことになって、それが6月締切なので頑張らなくてはならない。研究以外では、旅行記的な本を書きたいのと、その他、本の監修やら、文芸雑誌へのエッセイの寄稿もいくつかあって、かなり忙しくなりそうだ。楽しそうなのでやることにしたものが多いが、身に余る内容であっても、挑戦しようと思って引き受けたものもある。

もうすぐ43歳になるが、楽しいことと美味しいもののために生きると決めて、そのためには多少ともメンドクサイ努力するという考え方で行くことにした。また、楽しそうなことに限れば、自分の専門の枠を超えたことにできるだけ挑戦したい。

いままでは研究のために研究していた。そのために目前の仕事を片付けることに忙殺されていたが、それは間違っていた。研究こそが人生だと思っていたし、今でも研究はとても大事なものではあるが、そればかりではないと進んで考えたい。

むろん、こつこつやるべきことはやって、自分で満足のいく研究をすると同時に、その成果やその過程で得た知見の面白さをいろんな人に伝えていきたい。大学教員のなかには、雑用でやった気になって、研究を卒業してしまったような人も少なくない。それは違うと思う。たしかに雑用は山ほどある。そこから研究時間を作るのは大変で、気持ちを切り替えるのはさらに困難ではあるが、研究こそ間違いなく本来の仕事である。研究をしない教員に魅力があろうか。魅力がない教員に学生を教える資格があろうか(他人に押し付けるつもりはない)。大学によっては本当に研究時間が作れないことがあるようだが、九大はまだ恵まれている。はずである。

f:id:dantyutei:20170331122732j:plain

近所のヤマザクラ。九分咲き。

f:id:dantyutei:20170331122456j:plain

アセビ

f:id:dantyutei:20170331123114j:plain

バライチゴとおぼしきもの

f:id:dantyutei:20170331125813j:plain

週に2回くらいは食べる天神地下街の「加辺屋」の蕎麦。天神ビブレの「草八」もよく行くが、「加辺屋」の良いところは蕎麦湯の美味しいところである。席につくと蕎麦茶と蕎麦湯が一緒に出てくる(つまり湯呑2つ)。これがなんとも贅沢かつ落着いた気分にさせてくれる。

f:id:dantyutei:20170331134631j:plain

大学構内のソメイヨシノ。3分咲き。

f:id:dantyutei:20170331134909j:plain

雨の日のチューリップも格別。

f:id:dantyutei:20170331135003j:plain

ソラマメも美しい。最近、ソラマメヒゲナガアブラムシがたくさんついているが、茎を倒して、爪で軽くはじくと、下に全部落ちることがわかった。

ーーー

さて、なぜ睡眠障害になったかというと、フランス領ギアナにおける毎日2回、3-4時間ずつ寝るという生活を規則的に続けたせいである。毎晩、20時から明け方の4時過ぎまで、灯火採集をした。これがものすごく楽しくて、興奮する。ツノゼミはたくさんくるし、タイタンオオウスバカミキリがいつ来るかというドキドキがたまらない。

宿に帰っても興奮状態が覚めずに眠れず、意味もなくルンルンしながらビールを飲んで、標本をいじり、完全に明るくなってからようやく寝付いて、それから3-4時間後に11時のブランチ。その後、昼過ぎになって、夕方まで少し寝るというわけである。帰国後もフランス領ギアナでの興奮が全体に覚めず、寝た後も夜中に必ず楽しい採集のことを思い出し、自動的に興奮して目が覚めるようになってしまった。まったく、幼稚な精神構造だが、仕方なく病院に行って、睡眠薬をもらい、1ヶ月半かけてようやく普通に眠れるようになった。

病院でこの能天気な事情を説明するのが難しかったことは言うまでもないし、お医者さんがそれを理解するのも当然難しい。「本当はひどいストレスがあるんじゃないですか?」と何度も心配され、家庭や仕事のことを詳しく話す羽目にもなった。睡眠障害は人生で初めての経験で、思うように眠れないことのつらさを知った。