読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断虫亭日乗

過ぎ去る日々の思い出をつづるだけ

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

2015年もあわただしい一年でした。博物館では春から秋にかけて3つの展示をひらき、とくに夏場は関連行事に追われました。

『きらめく甲虫』(幻冬舎)、『アリのくらしに大接近』、『アリの巣のお客さん』(あかね書房)、『昆虫はもっとすごい』(光文社新書)と、本もいくつか出すことができました。

研究面では、10年続けた熱帯の好蟻性ハネカクシの調査もまとめの時期に入り、その実験を進めました。新年度早々に論文が出そうです。

また、2月のタイ、3月のマレーシア、4月のラオス、5月のカメルーン、8月のタイ、10月のコスタリカ、12月のタイと、それぞれ短いながらも、何度か調査に行くことができました。とくに5月のカメルーンは珍奇なハネカクシやツノゼミをたくさん得ることができ、印象的でした。

今年は今月末からのフランス領ギアナを皮切りに、3月のマレーシア、4月のラオスとタイ、5月のケニア、6月のアメリカなど、すでにいくつかの海外調査がひかえています。

学位論文提出予定の指導学生も2人おり、忙しい1年になりそうです。

f:id:dantyutei:20160101090920j:image
写真は年末のタイで採集した念願のマガタマツノゼミCamelocentrus sp.