断虫亭日乗

過ぎ去る日々の思い出をつづるだけ

ある日

カンボジアでの取材はゆっくりと進んでいる感じ。「ダーウィンが来た」を1本作るのに、どれだけの手間と時間がかかっているのか、今回の旅行で十分すぎるほど実感できた。こんど見るときにはお祈りでもしてから見たいと思う。

----

撮影の合間に少し遊んでいる。

一昨日から茶坊主が来て、昨日は少し一緒に採集した。

Termitotrox cupidoと久しぶりの再会。世界最小のコガネムシだけに、小さい・・・。確認するときに無意識にメガネをはずす自分に老眼の予兆を感じた。

f:id:dantyutei:20140818152925j:plain

茶坊主。

f:id:dantyutei:20140818161011j:plain

当たり前(!!)だが、釣竿を持ってきているので、釣りをした。これはスラスランという王様のお風呂で釣った素敵な魚、ナンダス科のPristolepis fasciata

f:id:dantyutei:20140818144753j:plain

柿添先生が牛フンをほじっているところを、何か汚いものを見る顔で見る運転手。

 f:id:dantyutei:20140818175501j:plain

f:id:dantyutei:20140818175457j:plain

夜は町の近くの水田で行われている食用昆虫を採るための灯火採集を見に出かけた。ただ、2週間も雨が降っておらず、虫が少ないため、ほとんどの場所で点灯していなかった。

ようやく2か所見つけ、そこを覗いてみたところ、たしかに虫は少ないが、ケラやコガタノゲンゴロウが来ていた。水を張って、そこに落ちた虫を捕まえるそうだ。

コガタノゲンゴロウをもらっていいかと訊いたところ、「これはいらない。もっと大きいゲンゴロウは食用にする」と聞いて興奮した。(フチトリゲンゴロウかヒメフチトリゲンゴロウであるため。)

f:id:dantyutei:20140819003844j:plain

 

f:id:dantyutei:20140819002857j:plain

f:id:dantyutei:20140819002849j:plain

日常

明日より、一晩バンコクに泊り、カンボジアに出かけます。ダーウィンが来たの取材です。がんばります。

ーーー

涼しい日が続いていたので、夏バテ気味だったななちゃんは元気になっていた。

f:id:dantyutei:20140813125828j:plain

f:id:dantyutei:20140813125840j:plain

和歌山県庁に勤めている教え子の弘岡君からモモが届いた。猛烈においしい。

f:id:dantyutei:20140813234634j:plain

水槽の魚。

f:id:dantyutei:20140814140211j:plain

f:id:dantyutei:20140814140315j:plain

「昆虫はすごい」訂正

以下、気付いたところから追記していきます。

どれもうっかりで、お恥ずかしい。(今のところ)昆虫の生態・行動に関する誤りが見つかっていないのが救い。

*なにかお気づきの点がありましたら、ご指摘をお願いいたします。

 ーーーー

29 4行目  「20程度」→「25-30」

34頁 8行目 「ソテツ」の後に「、マツ類」を追加

73頁 7行目 「尾羽」→「飾り羽」

83頁 写真34 「ヒメスズメバチ」→「コガタスズメバチ」

219頁 2行目 「ミツギリゾウムシ科」→「オサゾウムシ科」

酒中日記

今日はずっとカタゾウムシの撮影をしていた。18個体撮影したが、まだまだ先は長そうだ。

16時頃、アルバイトの黒田さんのお姉さんとご子息2人が展示を見に来てくれたので、ついでに標本室を案内した。子供が「おじさん」と呼ぶので、「お兄さんだよ!」と必死に抵抗したら、子供たちが面白がって「おじさん、おじさん」合唱していた。

(展示を見に来て下さる方で、標本室をご覧になりたい方は、お気軽にお声をおかけください。)

21時に農学部の事務のお姉さんから食事の声がかかる。図書館のお姉さんと一緒に天神の蕎麦屋へ。なかなか良い店だった。蕎麦がおいしかった。それにしても、こんな時間から食事だなんて、みんな忙しいんだ。私といえば、このビールが10時間ぶりの水分だった。

f:id:dantyutei:20140812223929j:plain

「昆虫はすごい」の裏話1

「昆虫はすごい」(光文社新書)がおかげさまで売れている。Amazonの昆虫部門の第1位をしばらく保っている。この本で私を知っていただき、このブログにたどりつく方も少なくないと思うので、つらつらとこの本に関する裏話を書いてみたい。

まず、1年半前にある仲介編集者から声がかかったことから始まる。「アリの巣をめぐる冒険」を読んで、面白いものが書けると思ってくださったそうだ。それで、「昆虫はすごい」という題で、何か昆虫のすごいことを紹介する本を書いてくださいとの依頼を受けた。

そして、光文社新書で出すことになり、上京して打ち合わせをしたりしたのだが、季節柄、大学の展示の仕事に追われてしまったりして、なかなか執筆を開始できなくなった。私の目次案が仲介編集者に却下されてしまい(結局、それで押し通したのだが)、それ以上考える余裕がなくなってしまったというのもある。また、心のどこかで、こういう本は大物が書くものであって、若造が書くなど畏れ多いという思いもあった。

それから月日がたち、今年の2月にふたたび仕切り直そうということになった。光文社に集まったときには、「4月半ばまでにお願いします」、「こんどこそ締め切りを守ってくださいよ」というようなことを、編集の方々に優しく、困った顔で念を押され、これはやるしかないなと思った。また、2月から4月というのは比較的時間があって、目次を練り直して、執筆に取り掛かるのにもよい時期だった。

続く

 

 

博物ふぇすてぃばる

今回の上京の目的は「博物ふぇすてぃばる」に出展すること。

http://hakubutufes.com/

これまでこのような催しには、来場者として参加するばかりで、出展者側の立場に立ったことがないので、一つツノゼミで何かやってみようと思った。

結論として、一番よかったのは、今回初めてツノゼミを知って、本を買ってくださった方の多かったこと。そういう人の驚いた表情や興味深げな表情を拝見するのがとても楽しかった。

なお、われわれのお店は「ツノゼミ屋」で、ツノゼミの標本展示や奥村巴菜さん、藤田芙美さんの作品や、私の本や小物を販売した。おかげさまで、本は飛ぶように売れたが、意外に絵葉書はダメだった。奥村さんの手ぬぐいは安定して人気だった。

f:id:dantyutei:20140810152317j:plain

初日の土曜日はすごい人出で、入場制限のうえ、2000人の来場者があったという。日曜日は悪天候だったが、それでも1500人が来たという。

ちなみに、「博物ふぇすてぃばる」自体は、今回が初めての開催である。主催者側の宣伝や会場準備のご苦労には頭が下がる。

ーーーー

今回は他の人の展示や物販を見るも目的で、ちょくちょくお店を抜け出しては、あたりを見て回っていた。

編み物のキノコ。すばらしかった。

f:id:dantyutei:20140810163150j:plain

すごい立体切り絵。

f:id:dantyutei:20140810164003j:plain

人気の骨格標本。

f:id:dantyutei:20140810123212j:plain

そして、とりちゃんによる、ヒヨコの剥製つき玉子の殻の販売。すごい人気で、高価であるにもかかわらず、あっという間に売り切れていた。

f:id:dantyutei:20140810122943j:plain

私も開店してしばらくして購入した。

f:id:dantyutei:20140811183456j:plain

また、はにわや工房さんによる金魚の根付や茹でガエルの根付も収穫だった。

f:id:dantyutei:20140811183517j:plain

f:id:dantyutei:20140811183558j:plain

よくできている。

f:id:dantyutei:20140811183608j:plain

最後にその方から、展示していたヨツコブツノゼミの模型をいただいてしまった。これも嬉しい!文句のない精確さ!

f:id:dantyutei:20140811192324j:plain

 

東京にて

8日から今日まで東京に出かけていた。着いた日の晩は本郷で、矢後さんに設定していただいた飲み会。虫屋4人(矢後さん、新津さん、石川忠君、私)と、科博時代に仲の良かった事務や技術補佐員をやっていた稲葉さんと吉田さん(今は東大博物館にいる)と楽しい時間を過ごした。

f:id:dantyutei:20140808202338j:plain

 

影の総理

香川で高校の先生をしている藤本君が研修の帰りに遊びに来てくれた。20年近くの付き合いがある友達である。当時の彼は九大生(理学部の矢原研)だった。

昔はげっそり痩せていて、見るからに聡明そうな彼だったが、今ではすっかり貫禄が出ていた。あ、私も一緒だ。

小松君と柿添君と行きつけのお店に行った。忙しい仕事のなか、楽しい機会を作ってくれてありがとう。

 

f:id:dantyutei:20140807203905j:plain