断虫亭日乗

過ぎ去る日々の思い出をつづるだけ

むしのデザイン ~昆虫はアートだ!~

「むしのデザイン ~昆虫はアートだ!~」というのが、伊丹昆虫館で始まっており、私もツノゼミで出展させていただいております。

主に昆虫の材料とした芸術作品が出展されているが、ツノゼミの深度合成写真もその仲間に入れていただいて嬉しい。

http://www.itakon.com/html/saishin.html

平成26年4月16日(水)~平成26年7月7日(月)

f:id:dantyutei:20140420194442j:plain

f:id:dantyutei:20140420194450j:plain

f:id:dantyutei:20140420194456j:plain以上、長島聖大さんの写真。

バカラック

あんまり忙しすぎて、眠るときにも息切れし、鉛のように布団に沈んで、鉛のように起きる毎日だった。

一昨日、ツイッターで野宮真貴が、バカラックが日本に来ていると報告していた。これは行くしかないと思って、調べると、京都コンサートホールで18日にコンサートの予定があるという。これは行かねば。奥村巴菜さんも大好きなので、話したら飛びついて、日帰りで来るという。

本当に良かった。至福の時間だった。もうすぐ86歳で、本人もはこれで最後かもしれないと言っていたが、背筋をピンと伸ばして、最後までしっかりピアノを演奏していた。ものすごく上手い歌手が3人きて、主に彼らが歌っていたが、Look of Love、Wives and Lovers、Raindrops Fallin' on My Headなど、お気に入りの曲は自分でも歌っていた。オーケストラも良かった。

最後は観客総立ちで、Raindrops Fallin' on My Headを歌って、最後のオーケストラで解散という最高の終わり方だった。

観客の大部分は70歳前後だったが、われわれの同世代もちらほら来ていた。ツイッター情報によると、オザケンも来ていたらしい。

f:id:dantyutei:20140418175002j:plain

f:id:dantyutei:20140418181009j:plain

トマト植え付け

猛烈に忙しいが、昨日の朝にトマトの苗を買って、大学の畑に植えた。疲れて朦朧としているなか、良い気分転換になった。土も新しいし、きっと良いトマトができるだろう。

今朝来ると周りの草がきれいに刈られていた。別の場所に植えたナスは苗の先端が切られてしまっていた。

f:id:dantyutei:20140417122702j:plain

ソラマメの実は日に日にふくらんでいる。

f:id:dantyutei:20140417122721j:plain

ななちゃんを見に行ったら、餌を吐き出して具合が悪そうだった。

f:id:dantyutei:20130418115523j:plain

現実

戻って久々にななちゃんと遊んだ。

f:id:dantyutei:20140415131748j:plain

子供のころ「植物のひみつ」で読んであこがれたナンバンギセルを育てたい!と思って、その寄主植物として扱いやすいらしいミョウガを昨冬に植えた。順調に根付いたようだ。ナンバンギセルの種もいただいたのだが、どうやって蒔くものか。

f:id:dantyutei:20140415133051j:plain

北陸4日目

昨晩も福富家にお世話になり、今日は小松君と2人で石川の海岸をまわることにした。結局、最初に行った片野海岸というのが良い場所で、一日がかりでいろいろな虫を見つけた。

驚いたことに鳴き砂の浜で、歩くたびにキュウキュウと音がした。

砂の質はきれいなのだが、ゴミの数はものすごかった。大半は韓国や中国からのゴミだが、もっとひどいものを垂れ流している日本に何かを言う資格はないのかもしれない。

f:id:dantyutei:20140414112056j:plain

f:id:dantyutei:20140414112101j:plain

f:id:dantyutei:20140414114524j:plain

アオイガイも拾うことができた。

f:id:dantyutei:20140414161602j:plain

北陸3日目

夜中の2時に起きて、ホタルイカ漁の見学に。ただただ眠かった。

f:id:dantyutei:20140413023607j:plain

滅多にないくらいに獲れた日だったようだ。写真には撮れなかったが、ホタルイカはとてもきれいだった。

f:id:dantyutei:20140413041604j:plain

プラスティネーション用に生のものをいただいてきた。

f:id:dantyutei:20140413034300j:plain

少し眠り、海岸性昆虫を探して能登半島周辺の海岸をまわることに。

ここは「ヤセの断崖」という場所で、本当に怖かった。思い出すのも怖いくらい。

f:id:dantyutei:20140413142838j:plain

f:id:dantyutei:20140413142828j:plain

自殺を止める看板。

f:id:dantyutei:20140413142955j:plain

「義経の舟隠し」という入江。柵がないが、ここも断崖。

f:id:dantyutei:20140413143924j:plain

それからイカリモンハンミョウの生息地で、それはいなかったが、いくつかの海岸性昆虫を見つけることができた。

ヒラタブンブクが大量に漂着していた。

f:id:dantyutei:20140413160810j:plain

イカリモンハンミョウの保護をうたう看板。

f:id:dantyutei:20140413162857j:plain

北陸2日目

朝起きて「ふれあい昆虫館」の近くの山を散策し、採集や撮影を行う。予想に反して好蟻性昆虫にはまだ早い様子だった。マイマイカブリはまだ越冬していた。

f:id:dantyutei:20140412121248j:plain

非常にギフチョウの多い場所だった。

f:id:dantyutei:20140412112800j:plain

吸蜜源のカタクリも多い。

f:id:dantyutei:20140412104222j:plain

ギフチョウを撮影するメレさん。「メレンゲが腐るほど撮影したい」

f:id:dantyutei:20140412113952j:plain

ヤスマツケシタマムシを探してスゲを観察。ショウジョウバカマも咲いていた。

f:id:dantyutei:20140412123556j:plain

サクラはちょうど満開で、花見をしながらお昼にした。

f:id:dantyutei:20140412134226j:plain

f:id:dantyutei:20140412134909j:plain

それから、「ふれあい昆虫館」へ。f:id:dantyutei:20140412135533j:plain

永幡さんの展示を見て心が動かされた。

f:id:dantyutei:20140412153514j:plain

それから富山へ向かう。「海老よし」という旅館はわれわれで貸し切りだった。宿の風呂は不調だとかで、夕飯前に銭湯に行く。そこで抽選会をやっていたのだが、私がその入浴券が当たるという幸運に恵まれた(もう行かないのに)。

生のホタルイカ。

f:id:dantyutei:20140412203337j:plain

食べきれないほどの料理が出てきた。

f:id:dantyutei:20140412203819j:plain

最後は新鮮なホタルイカのしゃぶしゃぶ。

f:id:dantyutei:20140412211521j:plain

アツアツのものを食べる。絶品。

f:id:dantyutei:20140412211838j:plain