断虫亭日乗

過ぎ去る日々の思い出をつづるだけ

ラヌマファナ国立公園

1月27日に日本を経ち、28日の晩にマダガスカルのアンタナナリボに到着した。翌29日は政府機関、大学をまわり、許可手続きを進め、30日に車で10時間かけてラヌマファナ国立公園に到着した。ここには2月4日の朝まで滞在。実質4日間の調査だが、山道がとても厳しいし、目的の好蟻性昆虫は全然見つからなかったで、私としてはちょうどよい長さだった。環境はとてもよく、虫は全体に多い。

 

ここにはCentre ValBioという施設があり、非常に快適な調査となった。

森は渓谷の急斜面にあり、道の上り下りが非常にきつい。だからこそ奇跡的に森が残っていると思われる。アイアイなどのキツネザルが豊富な国立公園だが、原生林ではなかった。

f:id:dantyutei:20180204031743p:plain

あちこちにいるヨツメヒルヤモリ

f:id:dantyutei:20180204031834p:plain

スジツヤハナムグリ

f:id:dantyutei:20170201151759j:plain

キンイロジェントルキツネザル

f:id:dantyutei:20170201182455j:plain

ハイイロジェントルキツネザル

f:id:dantyutei:20170202131036j:plain

マダガスカルオナガヤママユ

f:id:dantyutei:20170202132837j:plain

キサントパンスズメ

f:id:dantyutei:20170202132856j:plain

キサントパンスズメの長い口吻

f:id:dantyutei:20180204031940p:plain

f:id:dantyutei:20180204032040p:plain

マユダカヒメカメレオン

展示開幕

天神イムズのアルティアムでの展示「密やかな部屋 きらめく昆虫標本」が始まった。

昨年の春、夏の展示の会場探しのついでに担当の方に挨拶をしたのがきっかけで、たまたま今回の会期に開場が空いていたことから、この展示の開催が決定した。

これまで10回以上昆虫展をやってきたが、いつかこのようなアートギャラリーでやりたいと思っており、ようやく思いが実現した。

アルティアムの担当の鈴田さんとデザイナーの大村さんと相談し、これまでにない展示ができたと思う。

今回の展示ではとにかく昆虫標本の美しさを見ていただきたいと思っているが、なにより一番の目標は、昆虫に興味のない人に昆虫に興味を持つきっかけを作っていただくことである。会場が完成して、その目標が多少とも叶いそうな気がした。

長い会期であり、今後の来場者の反応が楽しみである。

f:id:dantyutei:20180125231257j:plain

artium.jp

 

畑の最近

夏の忙しさで放置していた畑だが、雑草を除去し、かなりきれいになって、いろいろと植えて埋まってきた。

f:id:dantyutei:20171107120404j:plain

全景

A列

f:id:dantyutei:20171107120437j:plain

先週(11月4日)にタマネギを植えた。農協から安く買ったもので、かなり太くて立派であるが、逆に薹立ちしないか心配だ。

f:id:dantyutei:20171107120444j:plain

ハーブとサトイモ

f:id:dantyutei:20171107120451j:plain

ブロッコリーと桜島大根

f:id:dantyutei:20171107120458j:plain

ブロッコリーとタマネギ

f:id:dantyutei:20171107120505j:plain

タマネギとアンティチョーク(間にソラマメを植える予定)

B列

f:id:dantyutei:20171107120515j:plain

外国のダイコンとロケット

f:id:dantyutei:20171107120521j:plain

ラッカセイとニラ(ソラマメを植える予定)

ラッカセイはアライグマにやられてひどい。ネットをかぶせても、その間から器用に盗む。

f:id:dantyutei:20171107120531j:plain

ダイコン類

f:id:dantyutei:20171107120539j:plain

ミズナとダイコン

f:id:dantyutei:20171107120545j:plain

ニンジンとレタス

f:id:dantyutei:20171107120552j:plain

スイスチャード(フダンソウ)と芽キャベツ+ニンジン

展示終了 生存報告

ケニアから帰ってから、ちょっと体調を崩した。この春も崩したし、年齢なんだろう。

そして元気になったと思ったら、7月末に公開展示の予算が無事について、それからその展示が8月15日に始まり、31日に無事終了するまではまさに怒涛の毎日だった。

おかげさまで、40,000人超えと、当館始まって以来の来場者数で、多くの方々に当館を知っていただくことができた。天神地下街でやるというのは数年前から温めて来た計画で、大成功だったと思う。

展示に来てくださった皆様。ご協力くださった皆様には心よりお礼申し上げます。

--

学会も終わり、今週からようやく本来の仕事に復帰できた感じです。とりあえずヤルヤル詐欺の仕事を片付け、研究再開を目指します。お待たせしてる皆さん、ごめんなさい。

f:id:dantyutei:20170911195942j:image

f:id:dantyutei:20160829101021j:plain

f:id:dantyutei:20160829101106j:plain

f:id:dantyutei:20160829095430j:plain

f:id:dantyutei:20160829101848j:plain

以上、天神地下街会場

f:id:dantyutei:20160830133709j:plain

f:id:dantyutei:20160830133649j:plain

f:id:dantyutei:20160830133858j:plain

以上、箱崎会場

f:id:dantyutei:20170911201230j:image

f:id:dantyutei:20170911201235j:image

以上、志摩歴史資料館の会場

f:id:dantyutei:20160825095757j:plain

f:id:dantyutei:20160825110045j:plain

カイコの教室

新刊! 『昆虫こわい』

もうすぐ(7/28)新刊が出ます!
アフリカ、南米、東南アジア...世界各地でおこなった昆虫調査の笑いと涙の旅行記です。
写真満載のオールカラーです(お買い得)。

この夏の一冊に、よろしくお願いします!
早めのご予約を!

 

以下、内容紹介

 

「体長わずか数ミリメートルの昆虫を求めて、アマゾンの密林や広大なサバンナへと世界を旅する著者は数々の恐ろしい目に遭ってきた。ペルーでは深夜の森で、帰り道の目印に置いた紙片をアリに運ばれ遭難しかけたり、カメルーンではかわいい顔したハエに刺されて死の病に怯えたり、ギアナでの虫採りが楽しすぎて不眠症になったり……。「昆虫こわい」と半ば本気で、半ば興奮を戒めるためにつぶやく著者の旅を追ううちに、虫の驚くべき生態や知られざる調査の実態がわかる、笑いと涙の昆虫旅行記。」

 

f:id:dantyutei:20170714141142j:image

畑近況

A列

f:id:dantyutei:20170605182500j:image

奥から、ラディッシュを抜いたあと。つるありインゲン。

f:id:dantyutei:20170605182507j:image

ハーブ類。サトイモ。

f:id:dantyutei:20170605182511j:image

オクラ。モロヘイヤ。

f:id:dantyutei:20170605182517j:image

トマト。ひどくウリハムシにやられたズッキーニ。

f:id:dantyutei:20170605182523j:image

ひどくニジュヤホシテントウにやられたナス。キュウリ。

f:id:dantyutei:20170605182532j:image

アンティチョーク。カボチャ。

ーーー

B列

f:id:dantyutei:20170605182537j:image

エダマメ。ツルムラサキ(間にスイスチャード)。

f:id:dantyutei:20170605182543j:image

ラッカセイ。ニガウリ。

f:id:dantyutei:20170605182550j:image

レタス。新たに蒔いたダイコン。f:id:dantyutei:20170605182602j:image

レタス。トウモロコシ。

f:id:dantyutei:20170605182626j:image

パプリカ。ルッコラ(ロケット)。

f:id:dantyutei:20170605182643j:image

エダマメ2畝

ーーー

以上。福岡は記録的な少雨で、畑の近所にお住まいの山仲間に水をやってもらい、とても助かっている。